2022年冬 V2.7プラットフォームリリースのご案内


2022年3月3日(カナダ、オンタリオ州、トロント) - 医療業界に特化した対話型AIプラットフォームを提供する カンバセーションヘルス (conversationHEALTH) 社は当社のSaaSプラットフォーム リリース2.7として数々のアップデートを実施致しました。今回のアップデートにはスタンドアローンでのconversationHEALTH®自然言語理解(NLU)エンジンのサービス開始、新しい対話型AIエージェントの実装を加速させる機能の追加などが含まれます。

「今回のアップデートにおいてお客様にとって価値の向上とそして投資効果が高く、また大幅に機能強化されたconversationHEALTH® NLU Engineのサービスを提供できることを誇りに思っております。医療用語は複雑で繊細であるため、弊社では文章と音声入力アプリケーションの両方において、幅広い単語やフレーズ、文章を理解し質問の意図を解釈するNLUエンジンがあることが重要だと考えています。」とconversationHEALTHのChief Product OfficerのLexi Kaplinは述べています。


 

「同様に重要なのは、個々のエージェントまたは複数の対話型AIエージェントを同時に実装することを可能にするワークフローの改善です。 シンプルな対話型AIエージェントの対話のコピー&ペースト機能、メモのアーカイブ、翻訳チームやIVR APIのためのより強力なJSONエクスポートなどの機能が追加されました。今回のアップデートはローカルとグローバルの両方で、お客様の技術スタックとプロセスへの統合をサポートします。」

 

パンデミックにより、医療従事者、患者様また消費者はこれまで以上に、製薬会社とデジタルで関わり、かつ24時間365日情報にアクセスできることを期待しています。 多くの業界がより人間に近いAI搭載のバーチャルアシスタントを開発・採用する中、ライフサイエンス業界でも、医療、商業、臨床など、すべてのビジネスラインにその利用を拡大しつつあります。


「過去12ヶ月の間に、より洗練されたAI搭載のバーチャルアシスタントの採用が著しく加速しています。今年はコンタクトセンターの現場での活用、患者サポートプログラム、臨床試験など、人間のチームを補強するためのバーチャルソリューションを構築するべく、対話型AIの戦略的かつ組織的な活用が見受けられるようになっています。 対話型AIを戦略の中心におく傾向は、カスタマイズされた対話を必要とする顧客のニーズを満たすだけでなく、より高いコスト効率、かつコンプライアンスに基づいたエンゲージメントを拡大する目的として、市場全体でより強まっています。」と、conversationHEALTHのChief Customer OfficerであるRichard Marcilは述べています。


カンバセーションヘルスについて

カンバセーションヘルス社はライフサイエンスに特化した対話型AIソリューションを提供する企業であり、人工知能エンジニア、ソフトウェア開発者、データサイエンティスト、会話アーキテクトなどの専門家集団で構成されています。カンバセーションヘルス社のSaaSプラットフォームは、ライフサイエンス業界向けに設計されており、ヘルスケア特化型の自然言語処理(NLP)、自然言語理解(NLU)エンジンにより、90%以上の高い会話精度を誇り、法令遵守の営業・医薬品情報発信が可能です。また、カンバセーションヘルス社のプラットフォームは、ライフサイエンス業界で主要なソフトウェアプロバイダーとの統合が可能であり、MRやMSLの活動支援、医薬品情報提供、患者サポート、臨床試験の支援など、多岐にわたりご活用頂けます。


会社名:カンバセーションヘルス

所在地:661 University Ave., Suite 440, Toronto, Ontario, Canada

代表者:Dr. John Reeves

URL:https://www.conversationhealth.jp

事業内容:ライフサイエンスに特化した対話型AIの開発及びソリューションの提供



お問い合わせ:

info@conversationhealth.jp