カンバセーションヘルス、新執⾏役員就任のお知らせ

2021年4月23日(トロント、カナダ)- ライフサイエンス業界に特化した対話型AIソリューションを提供するカンバセーションヘルスは、北米、ヨーロッパ、およびAPAC(アジア太平洋地域)のすべての地域で成長を続けています。それに伴い、日本を含むAPAC市場全体における事業開発を主導し、戦略的パートナーシップの構築を牽引するAPAC担当マネージングディレクターとして久保恵一が、また、顧客やパートナーとの市場開拓を主導する事業戦略バイスプレジデントにシェリル・バルト(Cheryl Burt)が就任したことをお知らせ致します。

新任執行役員について

新役職 氏名
APAC担当 マネージングディレクター
APAC Managing Director
久保 恵一(くぼ けいいち)
事業戦略バイスプレジデント Strategy, VP シェリル・バルト(Cheryl Burt)


執行役員の紹介

APAC マネージングディレクター   久保恵一

略歴

慶應義塾大学卒。株式会社電通入社後、営業局や経営企画局を経て、2012年より電通カナダ支社(DentsuBos)にてInternational Business Development 担当のバイスプレジデントとして、IoT、メーカー、コンシューマープロダクツの大手企業のグローバル展開を担当。その後、カナダ・トロントにてコンサルティング会社を設立し、2021年3月までJETRO Canada(日本貿易振興機構)ではカナダ国内のAIやハイテク関連スタートアップの海外進出を支援する投資アドバイザーとして活躍。

就任のご挨拶

APAC担当のマネージングディレクターとして、ライフサイエンス業界の皆様に対話型AIソリューションをご提供することを楽しみにしております。医療従事者や患者が必要なときに、いつでも医療情報や製品情報に簡単にアクセスできるAIエージェントを導入することで、製薬業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるお手伝いをさせて頂きたいと考えています。


事業戦略、バイスプレジデント  シェリル・バルト

略歴

ウエスタン大学卒。シューリック・ビジネススクールMBA。2000年代よりジョンソン&ジョンソンにてプロダクト マネージャー、セールス マネージャー、プロダクト ダイレクター を歴任。前職ではバイエル カナダ コンシューマーヘルス部門 (Bayer Consumer Health Canada)のマーケティング、イノベーション、デジタル戦略担当バイスプレジデントとして活躍。

就任のご挨拶

ライフサイエンス業界の変曲点と言っても良い、この多大なる変化や進化を遂げる時期に、カンバセーションヘルスに参加できることを非常に光栄に思っております。製薬、バイオテクノロジー、医療機器の各企業様と協力して、真の価値を創造するため、インパクトのあるスケーラブルな方法で、顧客の皆様や患者様とのコミュニケーションへのイノベーションを推進して参る所存です。

カンバセーションヘルスについて

カンバセーションヘルス社はライフサイエンスに特化した対話型AIソリューションを提供する企業であり、人工知能エンジニア、ソフトウェア開発者、データサイエンティスト、会話アーキテクトなどの専門家集団で構成されています。カンバセーションヘルス社のSaaSプラットフォームは、ライフサイエンス業界向けに設計されており、ヘルスケア特化型の自然言語処理(NLP)、自然言語理解(NLU)エンジンにより、90%以上の高い会話精度を誇り、法令遵守の営業・医薬品情報発信が可能です。また、カンバセーションヘルス社のプラットフォームは、ライフサイエンス業界で主要なソフトウェアプロバイダーとの統合が可能であり、MRやMSLの活動支援、医薬品情報提供、患者サポート、臨床試験の支援など、多岐にわたりご活用頂けます。


会社名:カンバセーションヘルス

所在地:661 University Ave., Suite 440, Toronto, Ontario, Canada

代表者:Dr. John Reeves

URL:https://www.conversationhealth.jp

事業内容:ライフサイエンスに特化した対話型AIの開発及びソリューションの提供


お問い合わせ:

APAC 事業戦略

マネージングディレクター:久保恵一 (kei@conversationhealth.com)

ディレクター:Bella Yoro (bella@conversationhealth.com)